流行によって変わるお化粧

女性にとっては、三度の飯よりも大切という方がいるくらいお化粧は重要なものとされています。美を追求する上では無くてはならない貴重なものです。

お化粧にも流行がありますのでその時代時代によってお化粧の仕方も異っておりますが、女性お方が自らを美しく魅せる為にお化粧を施すという心得はいつの時代でも同じようです。

お化粧とは古い時代から取り入れられている美化方法で、基本的には白粉や紅などの化粧料(現在でいう化粧品)を顔を中心に使用する事によって、女性の方をより一層美しく魅せる美化方法として取り入れられていました。古い時代には、顔以外にも首や手、足などの部分にもお化粧を施す場合がありました。

世界各国それぞれの地域や文化などによっては、顔以外の部分の首や手、足などにお化粧を施している地域が現在でも存在しています。お化粧の事を英語では「makeup(メイクアップ)(メーキャップ)」といい、日本でもその呼び方が浸透されています。

現在では、「メイク」と略称された呼び名で使用する事も多く、若い方たちの間では「お化粧」というよりも「メイク」という呼び方の方がごく自然な呼び方とされているようです。

一昔前までお化粧は、年齢を重ねた方がより一層美しく魅せる為の目的としてはもちろん、その他にもお肌の衰えをカバーする為の目的などとして使用される事が多かったのですが、現在では小学生ぐらいの小さな子さまの方がお化粧をする事もごく当たり前とされています。

小学生ぐらいの小さなお子さま専用のお化粧品も販売されており、保護者の方と一緒にお化粧品を品定めしている光景も珍しくはない時代となっています。賛否両論ありますが、このような背景には現代の親子関係の在り方の変化に関係があるようです。

一概には言えませんが、現代の親子関係は親と子共と言うよりも友達感覚として接している親子が多く見られるようになり、親が子供を一個人の人間として尊重し接している為、このような結果に繋がっているのかもしれません。

話しがだいぶ逸れてしまいましたが、お化粧とは元々は王族や上流階級の方々がお祝いやお祭りなど人前に出る際や人が集まる際に使用されてきたものそうです。それが時代を経て、徐々に一般の方々にもお化粧が浸透されてきたようです。

現在ではお化粧を施す事が当たり前とされている時代ではありますが、あまり濃いお化粧は好まれておらず素顔に近いごく自然なお化粧が好まれています。

現在はお化粧の技術が非常に高くなっていますので様々なお化粧技術を取り入れ、あえて素顔に近い自然なお化粧を施すのです。ですが、素顔に近いからといってお化粧の施しがあまりされていないという訳ではありません。

素顔に近いように見せかけるお化粧が施されているのです。素人の方でもお化粧の技術はプロ並みの腕前をお持ちの方も多くなっていますので、お化粧に騙されないように男性の方は気をつけて下さいね・・・笑